群馬で葬儀を行う場合には業者に相談してから適切に行う

SITEMAP
手に合わせられた念珠

行程を省略して行う葬儀が選べる

葬儀の会場

群馬では、行程を省略して行う葬儀があります。葬儀には流れがあり、お通夜を行い、翌日に葬儀告別式、火葬、埋葬になります。群馬の中で、行程を省略して行う葬儀に注目が集まっています。行程によって葬儀の種類は異なります。
一日葬は、お通夜を行いません。1日で葬儀告別式などを済ませることができる形式です。そのため、お通夜の準備がなくなります。会葬者が集まるのが1日になるので、お通夜の後の飲食がないのでお清め料理や飲み物の必要がありません。費用を抑えることができ、手軽な葬儀になります。故人と過ごす最後の時間を家族だけでゆっくりと過ごすことができます。親族や家族にとってもメリットがあり、仕事などで忙しく2日間集まることが難しい人にとっては、1日で終わらせることができるので集まりやすくなります。
直葬は、お通夜も葬儀告別式は行いません。そのまま火葬する形式になります。葬儀は行わなくても、火葬に死亡診断書と火葬許可証、埋葬許可証が必要です。直葬の場合も、葬儀業者に依頼します。
経済的に大変な時は、直葬がおすすめです。群馬では、葬儀にこだわる人もいるので、一日葬や直葬を行う時は家族や親戚の理解を得てから決定します。

ピックアップ

葬儀業者のサポートで無事に喪主としての責任を果たそう

身内の方が亡くなられた場合、昔であればお寺さんと付き合いのあるご家庭も多かったため葬儀の準備やお坊さんの手配にはそれほど苦労することはありませんでした。しかし、現代ではお寺さんと日常的に付き合いのあるご家庭というのは少数派となっている…

MORE